Pocket

毛穴が目立つ最大の原因は
やはり毛穴につまった角栓!

 

そんな角栓を普段どのように
お手入れしていますか?

 

ピンセット?パック?
洗顔?クレンジング?
まさか、指でギュギュー?!
ではないですよね…

 

毛穴の角栓が気になっている人は
きっとこれからお伝えする
どれかの方法で角栓ケアをすると
思うんですが

 

毛穴に詰まっている皮脂や角質が
混ざりあったこの角栓を取るときの
注意点を知っておかないとお肌が
ボコボコにっということになるんですよ~

 

そこで今回は、
角栓のお手入れで肌を傷つけないためにも

♦毛穴に詰まった角栓の正しい取り方
♦角栓を取るときの注意点

ついてシェアしていきたいと思います。

毛穴に詰まった角栓とは!

そもそも、あのニュルッとした
角栓って何か知っていますか?

まずは、あの詰まった角栓が何なのかを
知る必要がありますよね!

 

角栓とは
タンパク質と皮脂が混ざり合ってできたもの
なんですね。

そんな角栓が詰まってくると黒ずみや
肌のザラツキといった状態になるんです。

 

それに加えて日頃のスキンケアが
原因で角栓が詰まってくるというのが
あるんですよ。

 

【化粧品が原因で】
毎日ように化粧すると化粧品が
毛穴に入り皮脂や角質と混ざって
酸化したものが、あのニュルッとした
角栓なっていきます。

さらにお肌のタイプでも

【皮脂から】
オイリー肌の人に特に多く
見られるのが角栓です。

毛穴に皮脂がたまって蓄積される
ことで角栓ができてしまいます。

 

毛穴の角栓を除去する方法

では次に、角栓の取り方を
お伝えしたいと思います。

 

角栓は取り方次第で毛穴が
炎症を起こしたり肌が傷ついて
ボコボコ~なんてことにも
なりかねませんのでしっかりと
理解しましょうね!

 

~角栓の取り方3つ~

1)ピンセット

2)毛穴パック

3)洗顔

 

1)ピンセット

この方法を使っている人は多いのでは
ないでしょうか?

ピンセットで角栓を除去する場合
毛穴部分を蒸しタオルなどであらかじめ
温めておいて角栓が出やすい状態に
しておくことが大事です!

蒸しタオルは水で絞ったタオルを
レンジで1分温めれば作れます。

2)毛穴パック

最近では、100円ショップでも手に入る
角栓ケア用のパックも人気ですよね!

このパックを使用するときも、毛穴部分を
蒸しタオルなどでしっかり温めておいて肌を
柔らかくしてからパックすることで効果を
実感することができます。

しかし、パックをしすぎると毛穴は
きれいになっても肌荒を起こしやすいので
注意が必要です。

3)洗顔

洗顔で角栓を除去するには、一回だけでは
きれいにならないので長期でケアして
いきましょう。

洗顔するときは、洗顔料をネットなどで
泡立ててソフトタッチで洗うようにします!

角栓を取る時の注意点!ピンセットの使い方も

角栓を除去する方法は様々だと思います!

それこそ、自分に合った除去をしたらいいと
思うのですが、注意することはあります。

 

では、さっそく注意点をみていきましょう!

 

~角栓を取るときの注意点~

1)爪でとるのはNG

2)ピンセットは先が尖っていないモノ

3)毛ブラシ

4)パックのやり過ぎは逆効果

 

では注意点をみていきます。

1)爪でとるのはNG
どんな方法でもとは言いましたが、爪で
ぎゅうぎゅう押すのはやめましょう!

爪で押すことで、肌が傷ついてしまい
ボコボコ肌まっしぐらです。

2)ピンセットは先が尖っていないモノ

先が尖っているピンセットは、皮膚を傷つけ
やすくなりますので先が丸いもを選ぶのが
おすすめです。

ピンセットを使って角栓除去をする場合は、
しっかり温めて角栓が出やすい状態を
作ってから除去してくださいね。

3)毛ブラシ

洗顔でブラシを使う人も多いのでは
ないでしょうか?

毛ブラシは確かに角栓除去に有効とされて
いますが角栓が今にも出てきそうな盛り
上がった状態の物には有効とされています。

4)パックのやり過ぎは逆効果

パックも使っている人が多い角栓除去用品です。

パックはやりすぎると、皮膚が荒れます。
パックの頻度は、
♦月1ぐらいが一番良いとされています。

 

まとめ

角栓除去はピンセットを使ったりと
いろんな方法がありますよね。

 

どれが正解でどれがダメということは
ありませんが、やり方を間違える
と逆効果になって肌がボコボコに
なりますので正しい除去方法で角栓を
きれいにしていくことをおすすめします。

 

きっとこの他にも色々な方法はありますが、
どんな方法にしても何かしらの用品を使って
行う場合は使い方をしっかり守っていきましょう。